裁判員裁判を見ていて俺にも人様を裁けるだろうかと思った

とあるドラマを見てから、わたしは審理耳年増というものに興味を持った。要は、様々な法廷を傍聴講じる人のことである。
アパートから裁判が間近い結果もあって時間がある時は視聴に行っている。
裁判にもスゴイ年月から軽々しい小物まであるが、通常は審判官がみずからあるが、出来事によっては3人間に至る。ここから、出来事の重大性か判断できる。
最初のうちは警察官出来事のほうが分かりやすいと知ったので、警察官出来事の法廷を出向くことが多い。
裁判員裁判も何度かあるが、以前私も裁判員に決めるかもしれないと思いつつ傍聴やる。
傍聴シートには出来事の担当やおそらくやっと法曹界で働こうといった人間であろうか熱心に覚書を売る人間もよく見かける。さすが、私のような一般の聞き役もある。
先日、とある裁判員裁判を初法廷からは見ていなかったが途中から判決の言い渡しまで傍聴した。被告の犯した悪行は恐ろしいものだが、在宅時局も普通ではなかった。
案の定、審判官と市民から選ばれた裁判員の会議で出たこういう判決ですが、個人的にはつらい判決だったとおもう。
裁判員裁判でなかった場合なら審判官は果してどのくらいの判決を下していたのであろうか。