父兄の行儀の悪さは運動会までとは辛い時代ですね。

「運動会で暴れだすお化け両親」という感じの連絡があったので覗いてみました。

暴れだすと書いてあったので、誰かにダメージを加えていると思ったのでしたがそういうことではありませんでした。
校庭での飲酒・バーベキュー。徒競走へのクレイム・屑のパスなどだ。
しかし、どれもいただけないものですね。
とりわけ、徒競走へのクレイムは考えられないことです。
一番になろうがなかろうが何に影響するのでしょうか。
ただ自分のこどもが一番にのぼるという優越感に浸りたいだけなのではないかと思います。
そんな父母をみて要るこどもが一番切ないでしょうね。
また、飲酒・バーベキュー、屑のパスなどは運動会の開始通信に留意書きで記載されているはずです。
こどもがセミナーで社会での色んなエチケットを覚え、それを守ろうとしているのに、父母はそれを平気で破って仕舞う。
それもこどものみてある今しがたで。
この状況はほんとうに悲しいことだ。
いよいよ自分のこどもが社会にでて「自分の父母はこういうことをやっていたから許されるんだ」と思ってしまえば
そのこどもは人前からはじき出されてしまう。
自分のこどもののちのちも考えて、親自身に自覚起こる実施をやるですね。

こんな事が連絡になるとは、やるせない時代になったものです。

テストでやけどをした時などについて勉強した

試験の応急処置の企業について勉強しました。ともかく、やけどをした場合についてだ。肌が赤くなっただけのケース(第1度)は、やけどのパートを流水にぐっすりひたします(5分け前以来)。水ぶくれができたケース(第2度)は、水ぶくれを破らないことです。消毒・滅菌薬をぬり、小気味よく包帯をする。肌が黒く焼けたケース(第3度)は、乾いたガーゼでおおった直後、取り急ぎ先生のメンテナンスを受けます。患部に付着しているものは無理にとらず、ほかのパートを切り落とします。次は、有毒瓦斯・スチームを吸った際だ。すべてのケアに優先して、取り急ぎ先生を呼びます。新鮮なノリ中に連れ出します。多量に吸ったときは、あったかく安静にして先生のケアを待ちます。しばらくして現象が変わることもあるので、静穏第ゼロだ。試験の応急処置について勉強しましたが、応急処置のことは知っていたこともありましたが、知らなかったこともあったので、はなはだ勉強になりました。http://www.unicompinc.co/