ちょいそこは追及高低なんだけどなあと想う所

ここでこんなこと言っても仕方ないでしょうが、国のホームレス対策のことです。住む点、商いを媒介して自立させようとしていますが、それについておもうことがあるんです。ぼくはとっても、彩チャート事務所という刊行元の雑誌でホームレスなど底辺な自身のことを書いてある雑誌を掴むのである程度は詳しいのですが、ホームレスはなってしまったそれぞれもほぼいますが、それより自分から至る人のほうが多いということです。いかなることかというと、商いにもう愛想をつかしてしんどいしがらみにうんざりして、それらを全体遠ざけるためにホームレスになっているそれぞれがたいして多いんです。商い=しがらみじゃないですか。だからそれらから止めるために、みずから生きていくためにホームレスをやる人が多いのです。だから完全に公園に住むとかしないで、ファッションも普通で、それでいてまんが喫茶なんかで暮らしていく、ホームレスが多いのです。そんな人たちに住む点や商いを媒介しても、それが嫌でホームレスになっている人が多いのだから無駄口なんですよね。と、思っています。ミュゼ 鼻下